知り合いに頼んで中古車を買うメリットとデメリット

中古車に対する懸念は耐久性と言われており、その懸念を避けるために知り合いに頼んで車を買うという方法があります。

エキサイトニュースに有効な知識の紹介です。

この場合、知り合いが直接車屋さんをしている場合と知り合いの親しい人が車屋さんをしている場合があります。

知り合いが車屋さんではなく、その人の親しい車屋さんがある場合、その紹介で中古車を購入するケースは、車屋さんにとってメリットが高いです。



なぜなら、紹介であれば、購入する確率が高いです。また、紹介者がいることで、むやみやたらに値引き交渉をしてこないケースが多いでしょう。

紹介者には車屋さんから紹介料が渡ることが多いでしょう。
紹介料は購入する人の支払うお金から支払われるため、紹介料が無ければそれだけ安く購入できます。中古車を購入する人の弱みは良い車を安く買いたいということです。

確かに紹介者がいれば、販売した車を責任もって販売し、アフターサービスもしっかりとしてもらえるでしょうが、それは中古車販売の最低条件です。

紹介者を介して購入するのではなく、車屋さんの知り合いに直接アプローチしましょう。購入の意思をすぐに伝えるのではなく、目ぼしい車をチェックしておいて、相場や他店価格を比較した上で知り合いにの車屋さんに相談しましょう。
予算をあらかじめ決めて、必ず予算内で購入する意思を強く伝えましょう。



年式や走行距離、グレードの妥協もしてはいけません。
知り合いであれば多少の無理も聞いてくれるはずです。